Day14-Back to Tokyo

帰国便は夕方の羽田着ANA 。EWRは1時間かかるけど、JFKはご近所。
午前中にパッキング。
食材もさらっちまえーと、目玉焼き&ブリオッシュトーストに、フムスやグァカモレを塗って。

日本から持って行った無洗米は結局5合(2回分)しか使わなかった。

んじゃ、日本から持参した鳥釜飯の素を入れて。
3合消費!
(写真ナシ)
「これから日本に帰るのに、日本食を食べたら感動が減る」と言っていた長男が、1番ガッついてくれて、1人で1.5合は食べてくれた。
なめこ汁もつけてね。

滞在中は毎日10度前後で東京並み。雨には降られたけど、傘がいらないレベル。
今日のニューヨークは寒い!昼でもマイナス1度!夜から本格的に雪になるそう。

ほらね、スーパー晴れ女の私が去ると寒波が戻ってくるんだ!

修造かっ?


空港までは電車。
知ってた?NYCの地下鉄MTAの車両の連結、
蛇腹のカバー無いんだよー。
おもいっきし外だから、これ。
怖いって。落ちるって。
日本みたいに、動く車両を歩く人もいないんだけどね。
立ってるのも危険な程、揺れるし、掴まるとこもほとんど無いから。。
座席はプラスチックだしね。
日本の列車、高級だわー。

JFKのターミナル7。
しょぼい。
鳥釜飯を食べられなかったので、私だけ空腹。
イタリアンパニーニを。
美味いわー。
ついでに買ったタマゴサンドも美味しかったー。

ヒスパニック系というか、もろメキシコ人のおばちゃん店員と揉めてるのは、イタリア人客。お母さんと中学生くらいの息子。
全く英語が話せないイタリアン。
おばちゃんがスペイン語で話しても、理解半分。
途中参戦だったので、何を揉めてるのかわからなかったけど、パニーニを温めるかどうかで揉めてた様子。
ひと段落した頃に「おばちゃんスペイン語なら話せるけど?」って言ったら

「スペイン語、わからないのよ、私達、イタリア人だから」

ってよ。
ほとんど一緒ちゃうんか。

戻って夫に言うと「サッカー馬鹿のロナウドだってポルトガル語しかはなせないけど、イタリア語だってスペイン語だって話してるから、同じ言葉だ!」
って。そらまた根拠のない。。。

後になって、ようやくイタリア語が思い出せて、もっと助けてあげたかったな、と思ったのでした。
使わない言葉は、どんどん忘れる。
使える機会に、ドンドン使わないと!
(新年の抱負1)

ANAの機内食。
エコノミーの機内食の写真って、みんな撮ってるけど、不味そうだよなー。私は食い気優先で撮ったことないけど。
Camera +なら美味しそうに撮れるのかも?
と、試しに撮ってみた。
海老天丼と蕎麦。
左上の「キュウリとディルのクリームチーズ」がもんのすごく美味しかった!
男子3人から回収。
じっくり味わって、再現したいと思います。(新年の抱負2)

でも、やっぱり「美味しそうな写真」には程遠いな。

半月のNY旅行。無事終了。
東京のお家に戻りました!
23:30に讃岐うどんを茹で、みんなで釜あげ。
美味いなー!

さぁ、時差ボケ解消と洗濯の毎日に向けて、眠ることにしましょ。

帰国したけど、ブログは続けたいと思います。振り返りとまとめで、NYをどこまで引っ張れるか。。
よろしくお付き合いの程、お願いします!

0コメント

  • 1000 / 1000

そうだ、ニューヨークへ行こう

海外旅行の準備、手配、現地情報など「暮らすように旅する」をお届けします! 暮らす旅歴・四半世紀。Photographer & Art Director 。美術デザイナーの夫と息子2人との旅の軌跡も振り返りながら、新たな旅路へ。 https://www.instagram.com/naokosoma/