【欧州:ベルリン】Day 11

いやーーー!もう最終日ぃぃーー!もっと居たいよ、ベルリンに!絶対に戻る。決めた。昨日の雨から一転、朝から良い天気!え、まさか気球?!気球に乗っ〜てど〜こまで行こ〜う♪って歌ってる場合か⁉いや、動画を思い出しても、足元がフワ付いて吐き気️がするので止めよう。根性無しでOK。あらかた博物館は見たし、観光名所は網羅。さて。。Google Map をポチポチしてたら発見してしまった。Museumswohnung Zimmermeister Brunzel baut ein Mietshausググ翻したら「アパート博物館・大工Brunzelが長屋を建てる」こ、これは運命の出会い❣️しかも、住みたい!って思ったエリア、プレンツラウアー・ベルク。(冒頭の写真)きーめた!最終日はココ!!まずは、お気に入りのカフェNo Fire No Glory へ。B.L.A.TだかB.A.L.Tだかを頼む。アボカド入りってことね。

【欧州:ベルリン】Day 8

昨日、ガッつき過ぎたか、寒い中、待たされてたか、調子の出ない朝。午前中をダラダラと過ごし、日本の皆様と業務連絡や日常会話をチャット。まぁ、こんな日もありだなー。引きこもるかなぁ。ストックホルム以来、引きこもってないし。いやでも、バスのチケット余分に買っちゃったし、とりあえずは動こう。まずは郵便局がてら、近くのギャラリーで開催中の写真展を愛でに。

【欧州:ベルリン】Day 7

1週間が経ち、ベルリン生活も軌道に乗ってきたぞ。楽しい❣️だいたい1週間で、土地勘が付いて、移動が楽になるね。東西南北、一通り行って、行きたい場所の雰囲気が掴めるようになる。暮らす旅は、ここからが本番。まずは、バウハウスのリベンジ。ペーターベーレンス作のAEGタービン工場を見に行こう‼️1910年!この時代に珍しい鉄骨造。一面のガラスも貴重!でも、ペーターベーレンスってバウハウス?AEG Turbinenhalle

【欧州:ベルリン】Day 5-1

観光地ばかり攻めてたら、つまんなくなったので、最近ベルリンに行ったばかりの長男の友達に「どっかおススメはー?」と連絡すると、速攻で沢山教えてくれた!中でもバウハウスは行きたかったトコ!早速、行ってみる!バウハウス博物館は、改装中で長らくお休みなので、常設はナシ。エキジビションは、ちょっと郊外の美術館で開催してるらしい。お、西の方は行ってないぞー!西側に行きたいポイントがいくつかあるので、それを繋ぐ。まずはーー、

【欧州:ベルリン】Day 4

今日も観光地を攻める。とっとと終わらせたい感じ。プラハもそうだったけど、住宅地と観光地のギャップが激しい。というわけで、観光のメッカ「ムゼウムスインゼル:博物館島」(世界遺産)方面へ。まずはテレビ塔、、と思ったけど、遠くから見つけると「あ!テレビ塔❣️」って嬉しくなるんだけど、真下から見上げると、ちっとも嬉しくない。

【欧州:ベルリン】Day 1 & 2

今回の旅程を決める時に、コペンハーゲンからベルリンまで長距離バスが出てて、途中、フェリーに乗って海を渡るコースがあるって読んだの。だからコペンハーゲンの次はベルリンだ!って思ったのに、コペンハーゲンに着いてから予約しようとしたら、週2くらいしか出てなくて。私が適当に決めた移動日には該当せず。ちぇ。仕方ないので、普通に陸路のバスにしようと思ったら時間がかかりすぎ。安いけど。学生のスキーバス的な。列車は乗り換えアリで7時間。飛行機だと同じ値段で55分❗️あーー、こりゃ飛行機だなーと、陸路でGO!のつもりが、アッサリと空の旅へ。スーツケースを規定の重さにするのに、あれやこれやと脳みそフル回転。重い荷物を持って、5Fからの階段を降りる。登るより楽だった❣️大事に大事に乗ってたコペンハーゲンのバスは、計算が違ったようで、空港まで乗っても思った以上に余らせてしまい、勿体ないことをしたーー(数百円だけど)

【欧州:コペンハーゲン】Day10

さぁ、コペンハーゲン最終日。何しよう?行きたいトコは全部行ったし、最後くらい博物館か城か?っと、思ったら月曜休館なのでした。あら、よほど縁が無いwバスは後4回。最後は明日の移動用だから、3回は乗れるってことね。というわけで、唯一の心残り、というか渇望している「青魚焼いたヤツ」を探し求める。この国、魚はサーモンばかりで、基本は生。じゃなきゃFish &Chipsなの。なんで揚げるかなー。あとはクリーム煮。なんでそんな脂っこい。。塩焼き、塩焼き!塩焼き持ってこーい!街に1軒の屋台のおばちゃんの焼き鯖は望み薄。試しに行っても代案が無い場所なので、次回(あるんか)に持ち越しすることにしよう。鮮魚屋でグリルの魚介を出してるらしい店を発見!バスに乗って20分かけて行ったのに「もうそれ、やってないのよー!」と言われる。選択肢は、生サーモンのマヨ和えっぽいヤツか、タラの揚げたヤツ。ごめんなさいして店を出る。。これなら市場の店の方が良いもん。お腹も空いてないので、、、そうだ!墓地に行こう!アンデルセンが埋葬されてる墓地だ!観光墓地❣️