Day 6-Financial District

こっち来てからの朝食の定番。
ビーフベーコン、美味い〜!
フレンチブリオッシュもふわふわで美味しい!

Takuの滞在最終日。

買い物以外でどこに行きたい?
ということで、ワールドトレードセンターへ。
グラウンドゼロとWestfield SC のコントラストが痛々しい。
ところで、我々が滞在するBrooklyn のBedford-Stuyvesant (通称Bed-Sty)は、黒人街である。
オシャレなNinaんちの2軒隣に公営住宅があって、黒人率99%か?ってエリア。
夜のデリへの買い出しの道も、黒人としかすれ違わない。
wikiによると70%らしいが、電車に乗って数えてみると、20人中黒人以外は2人。それもヒスパニック系かアラビア系、、というdodgy sideである。
でも、危険な感じは全くしないんだけどね。

でもって、Midtown のタイムズスクエア辺りは、中国人観光客ばかりであった。世界中の観光地はどこも同じだろうけど。

でもって、ワールドトレードセンター。
この旅初。

白人ばっかり!!


金融街やショッピングセンターにお勤めの方だけでなく、国内や欧州からの観光客がいっぱい!黒人率も中国人率もゼロに等しい。(大袈裟でなく)
人種による興味の差がここまであるとは。

次男、ようやくホッとする(笑)

しかし、ショッピングセンターはエルメスやらグッチやら高級店ばかりで、見る気も起こらない。
ううむ、住み分けに属せないアジア人だな。。

Brookfield Place SCはハドソン川沿いの新しいSC。ここのオサレなフードコートでランチ。
美味しそうに見えたラーメン($15)も酷かった(*_*)
Skinny Pizzaは普通。
私は麦ご飯の上にケールとかグリルした野菜、赤身肉や胸肉が乗ったヘルシーな「丼」を。
私は好きな味だけど、子ども達には「大人の食べ物」と言われたなw

あ、この日も迂闊に在NYのS君を呼んだようで、また2時間くらい待たせる。。おい、長男、ちゃんと言おうよ。

Brookfield はスケートリンクも空いてるし、自由の女神の後ろ姿も良く見えるし、川沿いは気持ち良いだろう、冬でなければ。。天気が良ければ。。
遠くに見える自由の女神。実際にはもっと大きく見えてる。iPhoneのレンズ、かなり広角だからね。
どこも満杯だったスケートリンクも、ここは空いてる。吹き荒ぶ川から、いや、もう海からか、、の風で、滑るには勇気がいるが。

高級店だらけで見るものも買うものもなく、マンハッタンを後にし、ブルックリンのダウンタウンへ。
ようやくここにたどり着いた。
目抜き通りは、一通り、全てのチェーン店がある。
Bed-StyともManhattanとも毛色が違う。
再開発で、ビルの新築工事が多く、ここ数年で大きく変貌しそうだ。
洋服には興味のない男子達には心が踊らないようで。。

隣駅のTargetへ。
お土産いっぱい買って、何故かChucky E Cheese'sでゲームして帰宅。
中高生なりの新しい遊び方を見出したらしい。。
最後の夕飯、何が良い?とTakuに聞くと「中華の焼きそば。。」と言う。
そうか、そんなに美味かったか。

前回の中華料理店は13ブロックも離れてて遠いので、8ブロック先の0.3評価の高いHo Meiへ。

うわぁ、箱焼きそばじゃない!!

残念。
最後にまた刑事ごっこしたかったのに。

でも、Takuは1口食べる毎に「あー美味い」を連発。「これ、日本に持って帰りたい。。」「毎日これが食べたい」と、相当気に入った模様。
日本ではラーメン以外の中華を嫌がる長男も「アメリカ人はこれを中華だと思ってんのか!これは美味いわ!日本とは全然違う!」と喜ぶ。

日本の2倍は入ってて、つけ麺並みの太いLo Mien。絶品かつリーズナブル($5.25)

こうして、Takuの最終日は過ぎて行ったのでした。

オマケ:ここまで全勝だったTaku、最後の洗い物ジャンケン負ける

0コメント

  • 1000 / 1000

そうだ、ニューヨークへ行こう

海外旅行の準備、手配、現地情報など「暮らすように旅する」をお届けします! 暮らす旅歴・四半世紀。Photographer & Art Director 。美術デザイナーの夫と息子2人との旅の軌跡も振り返りながら、新たな旅路へ。 https://www.instagram.com/naokosoma/