Day10-Brooklyn

元旦の朝はお雑煮!

さすがNY。海外での雑煮で、初の鶏モモ肉の皮ナシ骨ナシを入手。
Chicken Thigh/boneless skinless ね。
胸肉ばかりが主流の国で、これはありがたい。
おかげで、おかわり続出の綺麗なスープが取れました。

昨夜のカウントダウンが響いて、雑煮がブランチに。
今日はブルックリンを歩こう!
と、昼過ぎに出発。

まずはDumboのBrooklyn Roasting Company へ。

(ロゴはダサいけど)オシャレな店内。
美術デザイナーの夫が「俺のカフェ、こういう感じにしたい!」と言うほど。
(おいおい、そんな予定はないぞ)


店内にローストマシンが置いてあったり
豆も売ってたり
豆の缶に貼るシールが無造作に置かれていたり
いちいちオシャレ。

私はカフェラテを。
普段飲まないから良し悪しはわからないけど、コーヒー好きの夫いわく

「すげーうめー」

だそう。


コーヒー買って、DumboからBrooklyn Heights へ!
工場の壁に描かれた貸し倉庫の看板もオシャレだわー。日本も塗装の看板に戻そうか。

マンハッタン橋とブルックリン橋を抜け
高台のBrooklyn Heights へ。
ここら辺は、マンハッタンが一望出来る、Brooklyn でも高級住宅街。
金融街にお勤めの方が住んでいらっしゃる地域。
次回はここがいいねー!とか言いながら、ゴージャス過ぎて、庶民派の私は落ち着かない。
これがBrooklyn なのだとしたら、Bed-Styのウチの近所は、別の国だな。
スーパーも綺麗!
ウチの近所のスーパーは「ああ、これは米国ドラマで強盗に入られる店だよねー」って言うヤツばっかり。

本日のメインイベント・Brooklyn Bowlへ移動。
元旦の今日はAll AgesのFamily Day。
電車に乗り継ぎ、わざわざWilliamsburg まで来たというのに。
「ウェイティングが20を超えたから、本日の受付は終了!」と(*_*)

悲しすぎる。これはリベンジしないとー!

せっかくWilliamsburg まで来たから、日系スーパーMidoriyaで足りなくなった餅を買って。。

夫が「知り合いに、NYに行くならウルフギャングに行くべき!って言われた。行きたい。」

と抜かすので

「それは、美味しい肉が食べたいってこと?

それとも、高くても混んでてもウルフギャングに行きたいってこと?」

とご要望をお伺い。

「いや、えーっと、、肉なら何でもいいです。。ごめんなさい。」と言っていただいたので、、

行こうと思ってた、Google レビュー4.9のDe Stefano's Steakhouse へ。
4.9なんて、随分色々見てるけど、見たことない高評価。

ボーリングへは遅い時間だったけど、夕飯には早い時間。
予約無しでも入れました。

お店の人達、ほんとみんな良い人ばかり!
16oz(500g弱)のNY Stripを3人前とサラダを注文。
照明が暗過ぎて、これが限界。。
ちっとも美味しそうじゃないけど。。

美味しかったーー!!
28日間ドライエイジで、柔らかくって、最高!
子ども達は16ozペロリでした。
私は夫とシェアで。。。

付け合わせの野菜も、やみつきになりそうなくらい美味しい!
私の頼んだラズベリーソースのビーツのサラダも美味しかったー!
最高のサービスで、ゆっくりのんびり味わえて、地元の皆様に愛される理由が分かるお店でした!
今日も快晴!しかも暖かい!9度まで上がって、薄着になりたい気温。
やっぱり、我が家の旅は、こうでなくっちゃ!

まだまだ行きたいとこ盛りだくさん。
全部、行けると良いんだけどー!

0コメント

  • 1000 / 1000

そうだ、ニューヨークへ行こう

海外旅行の準備、手配、現地情報など「暮らすように旅する」をお届けします! 暮らす旅歴・四半世紀。Photographer & Art Director 。美術デザイナーの夫と息子2人との旅の軌跡も振り返りながら、新たな旅路へ。 https://www.instagram.com/naokosoma/