Day 11-Manhattan

あらら、今日は朝から小雨。
明日の予報も雨だし、晴れ女パワーも、これまでか。

雨のやみ間に、最後の洗濯物を出しに行く。
愛想のない無口なレゲエの兄さんは「良い人だなー」って毎回思うんだけど、どこがそう思わせるのかわからない。
言葉も交わさないし、洗濯物と紙を交換するだけなのに。
長男も、夫も「いい人だなー」って言いながら店を出てくる。
不思議なお兄さん。
今日は11lbで$10。ううむ、最低ラインはどこなんだー?

ウチの近所の「強盗に入られるスーパー」の写真を撮ったよ。
ね!治安の悪い地域で、子どもが銃持って襲うシーン!

もういっちょ。
ほら、これも!

この地域のスーパーの店員は全員アラブ系。オーナーなのかはわからないけど、店員同士の会話がアラビア語なので、移民なのでしょう。
どのスーパーも、コンビニ程度。生鮮はファミマ程度。

レジカウンターが150cm以上の高〜いとこにあって、見上げるようにお金を払う。
防犯上だとは思うけど、小学生はお使いに行けないな。

Brooklyn Heights のオサレスーパーとはエライ違いだっ!

さておき、朝食はSaraghinaへ!
午前中は、さすがに空いてる。
やっぱり好きだなー、この感じ。昔の広尾のFOB Coopを彷彿させる。もっと味があるけど。

今朝は、パニーニなど。
私は、、
「全然、食べたくないけど、ここは写真の為にパンケーキを頼むべき?」と聞くと満場一致で「カメラマンなら、それくらい当たり前」と。

いやぁ、良い写真だ。

頼んでよかった。

午前中にMoMAに着くはずが、入場の列もあって、12:00過ぎに。

美大系の夫は、懐かしみながら感動している。

私は絵画よりも、建造物の方が好きだ。インスタレーションでなく、建物ね。
中庭を臨む。

裏通りを見下ろす。

建物大好きー❤︎

窓があると走り寄り、いちいち萌える。
なにしにMoMAまで。。

たまらん〜!!


MoMAの後は、The Halal Guysでチキンオーバーライスを。

小雨で寒い中、スタバの軒先で立ち食い。1つ$7を4人でシェア。
オレンジ色のインディカ米に、焼いたチキンを乗せて、マヨネーズっぽいソースをかけて食べる。レタスとピタパンを添えて。
赤茶色は辛いソース。
めっちゃ美味いやーん。辛いソース、めっちゃ辛い!!
でも、美味くて、全員ガツガツ飢えた子どものように頬張りました。

ここまで来たら、、
Dave & Buster'sへ寄って、、、
またまたガッツリ稼いで、、
欲しかったバスケットボールをゲットした長男の執念たるや。。

その能力を、、(以下同文)

でも、「ええ?ここまで来てゲーセン?」と言っていた夫が一番楽しんでたという。。

夕飯は、どうしても食べたいと、雑煮アゲイン。
昨日のMidoriyaで買った餅を全部投入。
満足満足。

3回目は無いな。

0コメント

  • 1000 / 1000

そうだ、ニューヨークへ行こう

ニューヨーク旅行の準備、手配、現地情報など「暮らすように旅する」をお届けします! 暮らす旅歴・四半世紀。Photographer & Art Director 。美術デザイナーの夫と息子2人との旅の軌跡も振り返りながら、新たな旅路へ。 https://www.instagram.com/naokosoma/