アミューズメント!

子どもが大きくなると、プレイグランドじゃ喜んでくれない。
3年前なら、まだ遊んでくれたのに。。(当時小5、中2)
美術館や博物館も楽しいけど、そればっかりじゃ盛り上がれない。。

というわけで、下世話な我が家は「大人も楽しい娯楽」の店へ!

映画館

アメリカの映画館は安いねー!学割は無いけど、$8弱だもの。

AMC Empire 25

タイムズスクエアとポートオーソリティの間。
外観は1912年の超クラシックだけど、中は普通に商業ビルのシネコンでした。

すごいの!移築したんだって。20年前に50m西側に動かしたって!

基礎工事とか無縁なんでしょうか。。
そう、帰りは2軒隣のビルから出て来て、ワープした気分。

座席は赤いベルベット。背もたれが高く、リクライニング!超快適でした!

映画代よりポップコーンが高いような。。

ゲームセンター

で、その映画館の出口に

Dave &Buster's

があるという。。
ゲームはデジタル系から、昔ながらのアーケード系まで色々。
トークン(D&Bでは、チャージされたカード・Power Cardをスワイプする式)を買って、ゲームに勝つとチケットが貰えて、集めたチケットで商品と交換出来るシステム。
レストランは隣のフロアにあって、お得なトークン付きメニューが沢山!
美味しかったよ。ハイカロリーだけど!
$20のPower Card付きで$28.99って、お得でしょ?

ノベルティマニア垂涎モノのD&BオリジナルIDホルダーをいただきました。
2回通って2回ともジャックポットだった長男がゲットしたのは、オリジナルバスケットボール
ロゴグッズ、可愛い❤︎

D&Bは大人向けなので(年齢制限はないけど)
小さなお子様には

Chuck E Cheese's

がオススメ。
ピザ屋のゲーセンです。入店時に親子でスタンプしてもらって、退店時に一緒でないと出られないから、安心。
大きなお子様連れでも、スタンプされましたが。
デートで来た若いカップルもスタンプされてたけど(笑)
小さい子向けのゲームや、ジム、チャッキーのステージもあって、ローカルのキッズに大人気。
ハワイ3店舗、LA1店舗に行ったけど、どこも混んでるねー。

システムは、D&Bと同じ。景品はショボいので、期待しないように。。

チーズフライとバッファローウィングが美味しいのよ。今回は食後だったから食べなかったけど。

ティーンエイジャーも暇つぶし程度に楽しめたそうです。

ボーリング

子どもがティーンになったから、初海外でボーリング。
物価の高いNYCはボーリングも高い!比較対象はラウンドワンだけど。
基本、1レーン1時間いくら、、なのね。
大勢で行くと割安だけど、大勢で行ったら順番回ってこないし。
営業時間は、平日夕方から、週末午前から。
平日夕方は年齢制限あり。21歳以上とかあり得ないんですけど。

食事はアメリカン。レーンまで運んでくれて、ゲームしながら、飲み食い。
社交場って感じなのね。

思えば、イギリスのサッカー観戦も、競馬観戦も、座席によっては社交場だった。ドレスコードがフォーマルだし。。
日本じゃありえねぇ。

Frame

ヘルズキッチン。
夕方に「ボーリングに行こう!」と思いつき、探し出した店。
8pm以降が21歳以上。
ギリギリセーフでした。
レーンは歪んで玉は曲がるし、トリッキーなボーリングでした(笑)
スポーツじゃなくて、社交場だからなのか?

最初に見つけたタイムズスクエアの店は、1ゲーム1人$22というホリデー価格。ビックリ。

こちらは、3時間か、1人1ゲームかを選べる式だったけど、、
2ゲーム5人+貸靴で$150くらい。
ラウンドワンなら、、(T_T)

Brooklyn Bowl

Williamsburg。倉庫を改装した素敵なボーリング場!

絶対に行く!と思ったのに。
16:00くらいに着いたら「本日の受付は終了しましたー」って。
翌日以降は、夜営業のみで、21歳以上のみ。。
次の週末には帰国済ってことで断念。悔しいー。
煉瓦造りのボーリング場、撮りたかったのに!!
リベンジ確定。

遊園地

Luna Park

季節営業が多いアメリカ。雇用は?といらぬ心配をしてしまうが。。
コニーアイランドの遊園地。4月中旬から10月いっぱいの営業です。

大晦日のカウントダウンは、18:00からジェットコースター無料、アイススケート無料、22:00からライブです。
6月〜8月の夏休みは毎日営業だけど、それ以外は週末のみ営業。
雇用は、、
海沿いのボードウォークの遊園地。
映画のロケにも使われる素敵な所。
是非、夏に来たいわー。

アミューズメントざんまい。
ネイチャー体験とは無縁の我が家でした。

ほらだって、暮らす旅だから!

0コメント

  • 1000 / 1000

そうだ、ニューヨークへ行こう

海外旅行の準備、手配、現地情報など「暮らすように旅する」をお届けします! 暮らす旅歴・四半世紀。Photographer & Art Director 。美術デザイナーの夫と息子2人との旅の軌跡も振り返りながら、新たな旅路へ。 https://www.instagram.com/naokosoma/