移動はどうしよう?

今回のNY行きは、ティーンの息子2人と、長男の友達を引率。

ニューアーク空港からは、Uber 初乗車の予定。


電車乗り継ぎでも、最終的にはCabに乗らなきゃならなそうだし、時差ボケ(-14h)で眠そうだしね。

Brooklyn のアパートから、地下鉄は徒歩3分。
バス停も、側に複数線ある。
私の大好きな路線図は、眺めてるだけでも、幸せな気持ちになる。
ニューヨークの地下鉄は、1人$2.75。
4人で乗ったら、$10超えるね。
近距離なら、Uberに乗っちゃった方が安いのかも。

欧州では、バスや地下鉄にしか乗らない我々だけど。
(ブルターニュとかの田舎はレンタカー空港借り)

Uberがとっても便利そうなので、今回は多用してみるかな。

レンタカーと言えば。

ブルターニュの地元で借りると、MT車しか無かった。
フランス人、AT車に乗ったことない人が多いんだって。
私もオバさんだから、免許取った時はAT車限定なんて存在してなかったからさ、もちろんMTにだって乗れるはず。。

と、思って、ン十年ぶりにMT車に乗ったわけ。
1人でふらふらと買い出しに、田舎の高速沿いのカルフールに行ったはいいけど、帰りが「駐車場を出て、登り坂の上にランダバウト」という「坂道発進」だったのよね。

意を決して、サイドブレーキ引いて、タイミングを見計らって、えいっ!って進もうとしても、プシュってエンスト(T_T)

やばい、やばい、、って再度挑戦するも、やっぱりエンスト。

普段は、静かなフレンチドライバー達もさすがにイラっときちゃって、クラクション鳴らすし、焦れば焦る程、エンスト。。

これは、もしや、車から降りて、後続車に助けを求めるべきなのかも、、と半ベソかいた4回目。

ようやく、エンストしかけをぐいっとアクセル踏んで回避。
ランダバウトに進入できました。

マジ、泣いた。ちょー辛かった。


以来、ブルターニュへは、ロンドン・ヒースロー空港でレンタカー借りて、ポーツマスまで高速乗って、カーフェリーでブルターニュに入ることにした。

もう、一生、MT車なんて乗らない。


ニューヨークは、車不要だねー。
建造物フェチにとって、駅構内は大好物。なるべく、地下鉄に乗りたいが、悩むとこ。
いちいち、移動の前にUberと価格を比較して決めることにしようっと。

(写真はミラノ中央駅。夜行寝台でパリに向かう)

【追記】
Uberと同じサービスで、安く、ドライバも感じが良いと評判の「lyft」というのがあるらしい。
早速アプリをDL。
現地で使うのが楽しみ!!

0コメント

  • 1000 / 1000

そうだ、ニューヨークへ行こう

海外旅行の準備、手配、現地情報など「暮らすように旅する」をお届けします! 暮らす旅歴・四半世紀。Photographer & Art Director 。美術デザイナーの夫と息子2人との旅の軌跡も振り返りながら、新たな旅路へ。 https://www.instagram.com/naokosoma/