何故ニューヨーク?

私の旅は、大都市がメイン。
ホントは、大都市より地方都市が好きなんだけど。
だって、コンパクトに全部集まってて、暮らしやすいから。

ほら、暮らす旅だから。


ニューヨークへは、ずっと行きたいと思ってた。
 そんな年がら年中、旅行するわけじゃないから、そろそろ旅に行きたいなーと思うと、どうしても欧州に行ってしまう。

建造物ヲタ。

なるべく大勢の手がかかった古い建物が好きだ。
20歳代でイタリアにはまったのも、きっとそういうことなんだろう。

人の手で作った物、特に建築は、偉大だ。
土台を爺さんが作って、途中から父さんが、そのうち息子が手伝うようになって、孫が完成させる、、

壮大なロマンなんだよね。

ダヴィンチが作った建物も、そうやって名もない職人が何世代にも渡って完成させてるの。それが、建物を見てると、見えてきちゃうんだよね。
(幽霊とか、そんなんは見えない)

というわけで、イタリアにドップリハマった20歳代。30歳で結婚したら、夫はサッカー馬鹿で、サッカー観戦をもれなく付ける。
イタリア中を縦断した年もあった。
イングランド・プレミアリーグは、クリスマス〜正月にかけて、3日に1回は試合があるから、多い年は5試合くらい見たかも。
30歳代、40歳代の約20年間、欧州を攻めた!

初めて英国、ロンドンに着いた時は、それまでイタリア命だったのに

「あ、ここだわ、私が求めてたのは、、」

って本気で思って、すっかりin love。

中世の建造物も無く、サッカーの試合も観れないニューヨーク。ついつい後回しに。。

長男が高2、次男が中2になった今、行くとしたら、この機会を逃すと一生ないかも。

長男には「ねぇ、こないだ最後の家族旅行って言わなかったっけ?」って言われちゃったけど、ホント、これが最後かもなー。

トーキョー、ミラノ、パリ、、と、コレクション開催地の最後。ニューヨーク。シメに相応しい行き先だな!

(子どもが離れたら、行きたいとこは、他にもいっぱいあるんだけどw)

0コメント

  • 1000 / 1000

そうだ、ニューヨークへ行こう

ニューヨーク旅行の準備、手配、現地情報など「暮らすように旅する」をお届けします! 暮らす旅歴・四半世紀。Photographer & Art Director 。美術デザイナーの夫と息子2人との旅の軌跡も振り返りながら、新たな旅路へ。 https://www.instagram.com/naokosoma/