【Meet Heaps】ジョナのPith(その7)

さぁ、メインディッシュ!!

5品目!
夏鹿、栗、バターナッツ。
ジビエは大抵食べたけど、、鹿って冬の煮込みジビエじゃないの?
夏の鹿?

綺麗な赤身。ローストで。
クセが全く無くて、めちゃめちゃ柔らかい!
これは、A5のシャトーブリアンより美味しい!!
雌鹿のふくよかさにビックリ。

で、ソースは、バターナッツと栗のペースト。栗丸ごとが入ってる。

オッさん系の私は芋蛸南瓜、秋の味覚の甘い野菜が苦手で、特に栗の水分持ってかれる感じがイヤなんだけど。

なんだろね、このソース。バターナッツ(黄色い南瓜、瓢箪みたいな形のヤツ)の甘みは濃厚なんだけど、しつこくなくて、滑らかで、口の中で溶ける。
夏鹿との相性抜群!


芸術度の非常に高い1品でした。
Junさん曰く、最初、鹿は使いたくないとジョナは言ってたらしいけど。
これは、大正解でしょう!
牛フィレでは味わえなかった魅力たっぷりの1品でした!

どこかで見つけたら、絶対に食べたい夏鹿!!

ジビエ全般に言えると思うけど、鮮度の維持と血抜きのテクニックなど、決して量産出来ない食材。
これほどの最上級の食材は、滅多にお目にかかれないでしょう。

Nozに行ったらあるのかしら?
どうかな?コレ、鹿っぽくない?

っと思って見てたら、、
前菜の和牛のタルタルの調理動画発見。
うわっ、このサーロイン、ヤバいでしょう!!これ、バックバク食べちゃったのね、アタシ。。
なんて幸せなのでしょう。。。
(その8に続く)

0コメント

  • 1000 / 1000

そうだ、ニューヨークへ行こう

ニューヨーク旅行の準備、手配、現地情報など「暮らすように旅する」をお届けします! 暮らす旅歴・四半世紀。Photographer & Art Director 。美術デザイナーの夫と息子2人との旅の軌跡も振り返りながら、新たな旅路へ。 https://www.instagram.com/naokosoma/